歴史を学ぶ:英国のお茶の時間とクリスマス

ダウニング由樹/マスター紹介

大阪府出身、イングランド、ノーフォーク在住。両親共に美食家で、その影響が大きく、我ながら子供のわりに食にとても興味のある子だったと思います。若い頃は、レストランやホテルのイベントのために来日したシェフのお料理教室の通訳などもしていました。

 

日本の大学では日本古典文学を専攻し、研究者の道に進むことを考えたものの、卒業後は日本の大学/院の進学を希望する留学生のための日本語学院で、日本語講師となりました。世界中から集まる生徒の、日本での孤独や疎外感を和らげるコミュニケーションツールとして、お料理を教え合う機会を作ったのが経緯で、まったくお料理のできない学生が少なからずいて、その国のお料理を作って食べさせていたのです。また、夫が、欧州、アフリカ、中東、インド、ブラジルの各地に滞在し働いていたので、各国料理のレストランでは出てこない現地のお料理は、この記憶から辿っていったものが多いです。そのことが背景で、今の多国籍な食生活に大きな影響を与えています。

 

日本で出会ったイギリス人夫の故郷であるイングランド東部のノーフォークを初めて訪れたのは1989年。以来、日本の夏が苦手な夫と避暑のために、毎年夏に帰省していましたが、2004年遂にイギリスに移住してきました。

作る食事の種類は、イギリス、イタリア、ギリシャ、ヨーロッパ風、インド、中東、もちろん日本料理など。

現在はノーフォークの学生・社会人の日本語教育と、地元の方向けに日本食をはじめ、世界のお料理教室をしています。イギリス人にイギリス料理を教えることもしばしばです。

 

日本生活の長かった美味しいものが大好きな夫に、イギリス故郷の味を食べさせてあげるために作るようになったイギリス料理。日本にもイギリスにも、世界中に美味しいものがあって、それを育んできた人々の歴史や文化があります。それを垣間見ながら、イギリス料理の味わいをお伝えしたいと思っています。

 

ダウニング由樹さんが作った世界の料理の一部。

写真の無断転載禁止:All photos copy-rights in this page reserve by Yuki Downing.